スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nijiが架かる直前


 4日、友達と奈良を散策した。
 西大寺さんで御朱印を頂き、平城宮跡でソメイヨシノを聴き、
 興福寺-東大寺-春日大社の近辺で鹿さんにちょっかいを出し(笑)、
 たくさんたくさん歩いて、奈良の空気を味わいました。
 
 春日大社は、私が行ったときはもう参拝時間を過ぎていらして、
 御朱印だけ頂き、新薬師寺方面に向かって歩いた。 
 もうすぐ、ライブが始まる。
 そう思いながら路地に出て、ふと振り向くと、驚くような景色に出逢った。
 波のような雲で山が煙り、空では雨雲が陽に道を譲っていた。
 ライブが始まる、ちょうどその時に、濡れる地面に暖色が混ざった。
 私たちは迷わずその道を選び、歩いていくことにした。
 たぶんその時、美我空が同じ空の下で鳴り響いていたのだと思う。

 夜行バスの時間までひまつぶしをしようと、友達とマックに入ると、
 ツイッターで「ライブ終わりました。剛くん、泣いてた・・・」
 とみんながレポしていて、私も泣いてしまった。
 3日はずっと我慢していたから、この時に一気に溢れてしまい・・・
 高校生くらいの男の子に思いきり見られたけど、
 泣いてますけどなにか?くらいの感じで・・・(笑)
 
 剛くん、いつもいろんな感情をくれるね。
 素直に愛したり、気持ちを委ねたり、時には心配したりもするけど、
 さみしい思いをしたことはないよ。
 いつも私たちのことを想ってくれているのが、すごく伝わってくるから。
 
 もうすぐNijiに出逢える、そう思いながら、奈良をはなれました。
 いったん離脱ってやつです。

 今回の台風で被害に遭われた方々の、一日でも早い復興を願っております。
 はやくNijiが架かりますように・・・
スポンサーサイト

平安神宮公演2011


 「昔の人は、自然を敬い、恐れ、素直な気持ちで手を合わせていた」

 この言葉がずっと心の中で繰り返されていた。
 
 9月2日、強い雨風の中、私は愛する人に会うため、平安神宮に向かった。
 会場前ではたくさんのファンが集まり、みんなおめかしをして、何度も何度も
 空を見上げていた。
 会場からリハーサルの音が漏れた。
 私が聴いたのは、美我空(特にベース)と縁を結いて。
 剛くんの声が私たちをやさしく誘う。
 美しすぎる声。
 
 ずっと降り続けていた雨が、開演前になってなぜか止んで、私たちの頭上を
 雨雲が避けていくように見えた。
 もうすぐ剛くんに会える。
 体が火照ってたと思う。
 剛くんの姿を見たとき、やはりそれが現実だと認識できるまで時間がかかった・・・

 美我空から始まって、NIPPON、Love is the key・・・
 ヴィジュアルも含め、日本らしさや古代、原点というものが強く
 感じられ、どこかへワープした気持ちになった。
 Love is the key は、ジャズ(?)っぽい編曲というのかな、けだるい
 心地よさがあって、フェスで聴いた感じとはまた違って新鮮だった。
 そのあとのENDLICHERI☆ENDLICHERIでは、みんな「お~!」と小さな
 歓声を上げていた。
 私もびっくりした。しかも剛くんはキーボードで奏でてくれて、
 なんだか得した気分(笑)。
 そして時空。
 照明の光も含め、正にとある時空に連れていかれたような気がした。
 あたりまえのように存在しているようで、普段忘れられている時空に。
 そして空~美しい我の空、Help Me Help Me・・・、縁を結いてが続いた。
 歌声、演奏、光、自然・・・さまざまなものがあの場所を灯していたの
 だと思う。
 この世界に、こんなにも美しいものがあって、よかった。
 と、素直に思えた。
 アンコールでは空が泣くから、MCがあり、セッション。
 空が泣くからはものすごく広く遠く、響いたんじゃないかな。
 私はずっと鳥肌立ってましたよ。
 この雨の中で、潤った胸で、あなた愛したいと思ったよ。
 私は2日に剛くんに会えたけど、それでもやっぱり、正直言うと3日のこと
 は悲しかった。もちろんなにかを責めるわけではなく、ただ単純に泣きたくて。
 でも、共に経験したことだから、共に見た景色だから、感じた温度だから、
 それもうれしくて、これ以上深まりようのない愛がまた深まった気がする。
 セッションはもう、ずっと続いてくれればいいのにという思いに絡められつつ、
 ただ体を揺らした。
 この音楽が大好き。
 
 ライブ中、雨は降ったり止んだり。
 煙のような雨のような粒子がレーザーに巻き込まれ、ひとつの宇宙を成している
 かのように廻っていた。
 幻想的な力強さ。手でつかめそうなくらい、確かにそこにあった。

 ひとつどうしても書いておきたいこと。
 Help Me が I love youと愛しているになった。
 もともとのバージョンも好き。
 絶望は存在しない、そんな気持ちにさせてくれる。
 でも今、愛となって歌ってくれてる。
 結局この人は、愛を選ぶんだなと思った。しょうもないな(笑)。
 私も、迷いながらも苦しみながらも、嫌々でも無理してでも、
 時には「嘘」があったってかまわない、でも結局愛を選んでしまう、
 そんな人間になりたい。

 最後まで手を振ってくれた剛くん。
 私の席からはほぼ正面にいて、前の席の方が叫んでくれたおかげもあって、
 剛くんは何度も振り返ってくれた。
 私を含め、みんな壊れましたとさ(笑)。
 
 剛くん、バンドメンバーの皆様、スタッフの皆様、ファンの皆様・・・
 そして平安神宮様、ありがとうございました。
 剛くんの言葉通り、私も一生忘れません。
sidetitleプロフィールsidetitle

らんらん

Author:らんらん
堂本剛さんが大好きです

sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitlemeromero parksidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。